FJクルーザー 警視庁山岳救助車仕様 - TOYOTA FJ Cruiser –


数少ない現行の本格オフローダー

FJクルーザーはトヨタ自動車のSUVで、元々は北米市場専用車でしたが日本での発売が熱望され、2010年から日本国内でも正式販売されています。往年の名車FJ40型ランドクルーザーをデザインモチーフにしており、そこからの「FJ」なんですね。

かわいい外観とは裏腹の硬派な本格オフローダーです。

ラダーフレームにパートタイム4WD、デフロック機構まで付いたいわゆるクロカン車で、昨今では希少な存在です。そこに来て最新SUVの電子制御も備えているもんですから、そのポテンシャルは相当高いです。

私事ですが車を買い替える際の候補として考えていましたが、維持費含め(大幅に)予算オーバーで諦めました。4リッターのガブ飲みUS仕様にビビってしまいました。w

まあ予算オーバーでも候補に残るほどの魅力、ハリアーでもランクルでもない絶妙な立ち位置で根強い人気を誇るクルマです。

作例では警視庁・青梅警察署奥多摩交番 山岳救助車として採用されたレスキュー車を描いてみました。専用カラーの他、鼻っ面のトヨタマークが桜の代紋になっていますね。

検索でその存在を知ったのですが、FJクルーザーの緊急車両って無駄にワクワク感があって、ちょっとシュールですw

でも性能を考えたら当然ですので、今後増えていくかもしれませんね。


萌えっ子(?)

今回のイラストはココナラの出店用の見本として描きました。

私は人物よりも車や動物を描くのが好きなのですが、ネット上で素材がいくらでも転がっている車の絵を、オーダーメイド的要素の強いココナラに出品するのは、商品としてちょっと弱いかなと思いました。そこで人物を足すことにしました。

やはり人物、とりわけかわいい女の子が描けなければ話にならないという結論に達し、苦手ななか暗中模索で無理やり女の子を描いてみましたw

車よりも女の子の部分の方が遥かに時間がかかっているんですが、いかがでしょうか。


ディフォルメ

4WD車ってゴロッとした箱みたいなイメージがありますが、実は意外と細長いです。

モロ実車のパースの比率で正方形のキャンバスに全体を入れるとかなり小さくなってしまいます。

そこで今回はちょっとディフォルメしてみました。

↓車単体だとこんな感じです。なんか軽自動車みたいですねw