もえしょくのコンテストに参加してみました。
テーマはなんと『金網ザルの擬人化』です!

可愛いらしい萌えっ子達の中、私のタッチは正直自分でも異色だと思います w
なかなか上手く描けませんがそんでもめげずに女の子の絵ばかり練習するのは、理由があるんです。

今年の6月頃から絵を描きはじめたんですが、当初は自分の好きな恐竜とか車とかばかり描いてました。
だけどイラストの需要というものをじっくり考えてみて、イラストの市場全体の中で「可愛い女の子の絵」というものが相当な比率を占めていることに気がついたんです。

いわゆる萌え系だけでなく、女の子の絵っていわば受付嬢のような役割をしていて、たとえば特にターゲットを限定してないごく一般的なチラシのカット絵なんかでもとりあえず女性の絵が載ってたりします。面白いのは女性向けの雑誌やサイトでも女性の絵が多いことです。男性向け媒体は元々女の子の絵が多いので、結局全体的に女性絵の割合が高くなります

つまりどういう路線でいくにしろ、まずは「可愛い女の子の絵」が少しは描けないと、絵描きとしての活動範囲はかなり狭くなります。
一定レベル以上の画力で女の子の絵が描け、さらに自分のイラストの「顔」として「ダーダーの描いた女の子」の絵柄が固まってきて、はじめて絵描きとしてスタートラインだと思うのです。

そういう結論からとりあえず女の子の絵を何度も書き込んで練習しています。

ただし美少女系のイラストはめちゃくちゃ画力の高い人達が無数にひしめいている超絶激戦区なので、私が女の子のイラスト一本でやっていくのはそれはそれで無理です w
なので基本スキルとしてある程度可愛い女の子が描けるようになったら、別の得意ジャンルなど強みを確立していくような戦略がええんじゃないかと思います。

とかなんとか言ってますが、結局女の子描くのは楽しいんですよね。可愛いからねw