ハーレーダビッドソン ナイトロッドスペシャル - HARLEY-DAVIDSON Night Rod Special –


ココナラで注文いただき描かせていただきました。

このエンジンなどの主要部品がブラックアウトしたデザインがこのシリーズの特徴だそうです。

私が学生の頃もこういうクルーザータイプのアメリカンバイクが流行っていたので、画像を見たときは懐かしかったです。
当時の周囲は学生ばかりだったのでさすがに本物のハーレーを乗っている人はいませんでしたが、国産メーカーからもアメリカンバイクが色々リリースされていました。
(私はスーパーカブでしたけどねw)

資料としてほぼイラスト通りの構図の高画質な写真をいただけたのでバイク部分は画像合成がメインです。

画像をコントラストで飛ばしてある程度線を抽出したものに、ディスクブレーキやカウル、マフラー、タイヤなんかの大型パーツをillutratorでパスを起こして貼っています。黒いパーツがこのバイクの特徴なので、エンジン周りやホリールなどは黒い着色を足しています。

人物部分は別作業です。手描きっぽく仕上げたかったので、iPadのAdobe sketchというアプリを使ってみました。

sketchは無料なんですが、鉛筆やペンを細かく設定できるので、使いやすかったです。レイヤーが分けられるので、鉛筆で下書き用レイヤーの上にペン入れ用のレイヤーを作るなどして、紙感覚で描くことができます。
iPadとタッチペン(980円w)でこんな手軽にイラストが描けることに、軽くカルチャーショックを覚えました 笑
Adobe製品なのでPhotoshopとも相性が良いです。
(最終の作品は表情が変わったのですが、これは変える前です。)

sketchで線を作った後にフォトショに移行して着色しました。

そんでバイクと人物を合成して完成です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。