2018年賀状用イラスト


ちと気が早いですが、年賀状用の絵を描きました。pixivで年賀状トレードのイラコンをやってて応募してみたかったのです。

ペン入れが下手くそで常日ごろより悩んでます。

線画はiPadのメディバンペイントをつかっているんですが、普段のやりかたは
①鉛筆ツールでデッサンみたいに成形しながら下書きを書く
②別レイヤーを重ねてGペンツールなんかでペン入れ

ってながれなんですが、この②が下手くそなんですw
下書きの迷い線をとらえて歪な形になったり、形状にこだわって慎重にやりすぎると機械的でいわゆる「死んだ線」になっちゃいます。

んで今回やり方を変えてみました。
デジタル上の鉛筆って単に不透明度が低めでぼかしの強い黒(グレー)の線なんですよね。
逆にペンは不透明度が高くてエッジの強い線です。
つまり本来デジタルに鉛筆もペンもなくて、鉛筆風、ペン風のデータってだけです。
なので鉛筆ブラシの不透明度を高くしてエッジを強めれば理屈上ペンで描いたものと同じものができます。

そんでためしてみました
下書きとして描いた鉛筆のレイヤーで何枚かコピーして統合。濃い線ができるので、それをベースにいらないところを消しゴムで消しながら仕上げました。その線を指先ツールでグリグリ馴染ませて線色を変えてみたりいじくりました。

結果は、うん、まあまあですw
ちょっとガタガタは残りますけど、線は柔らかくてわりとイメージ通りです。
また、あらためてペン入れする作業がないので出来上がりが早いです。

ただもっと緻密な絵柄や、綺麗な流線型が必要なときはこのやり方だと汚くみえるかもしれんですね。
このやり方一本というより、要所要所で組み合わせて使うのがええんじゃないかと思いました。

↓別バージョン。
こっちはよりラフ線を残してます。

んでは良いお年をー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。